遠距離恋愛で別れないための秘訣6つ

遠距離恋愛はつらい、うまくいかないと思われる方も少なくないはず。
遠距離恋愛をしている理由はさまざま、出会った時から遠距離という人、進学や就職、転勤などで仕方なく遠距離になってしまったという人もいるでしょう。
どんな理由であれ、大好きな人と離れ離れになるのは誰でも寂しくてつらいことです。
ここでは遠距離恋愛でも別れることなく、円満に幸せを感じる関係を続けるための秘訣をお伝えします。
参考:遠距離恋愛.net

ひとりの時間

①連絡はマメにとる
携帯電話が普及していなかった昔は、遠距離だと電話代がかかったり、手紙のやり取りでタイムラグが生じたり、弊害が多くありました。
しかし、今は昔と違って、メールやスマートフォンのアプリを使用して簡単にリアルタイムに連絡をとることができます。
距離があるだけで寂しく感じてしまうものですし、今は何をしているんだろう、とふと考えたり不安になることも多いはず。
そんな不安を感じているのは自分だけではありません。
相手も同じことを考えているのです。
大好きな人に不安を感じさせないためには、ちょっとした近況や考えていることをメールなどで伝えましょう。
今はアプリで感情を表すスタンプもあります。
時間がない時でも、スタンプひとつで相手は安心したりするのです。
はじめは連絡頻度に困ることもあると思いますが、徐々に2人の心地よいペースができてくるはず。
とは言っても、あまり連絡をしないと盛り上がっていた気持ちが徐々にトーンダウンしてきてしまいます。
最低でも1日に1回は連絡するようにしましょう。

②会えない時間こそ大切に
遠距離恋愛をしていると、会えない時間が圧倒的に多くなります。
遠いところにいる恋人に心配かけたくないからと言って、友達との約束を断ってばかりでは、ストレスがたまるだけでなく、人間関係にもヒビが入ってしまいます。
そんな環境の中では良い恋愛、ましてや幸せを感じる遠距離恋愛はできません。
寂しさを埋めようと、友達と毎晩遅くまで飲み歩くようなことは信頼関係を崩してしまう可能性がありますが、自分にとってプラスになる友達との約束は大切にしましょう。
時には心が許せる友達に、遠距離恋愛をしている相手とののろけ話をするのも、自分自身の気持ちを確かめる上で良いことだと言えます。
ひとりで過ごす時間も考え方ひとつで相手への気持ちを高められたり、自分にとってプラスの時間にすることができます。
「次に会ったら一緒に○○をしよう」、「会えるまであと○日だから、それまで仕事をがんばろう」と常に前向きな気持ちで過ごすことで、会えない寂しさよりも会えた時の楽しみの方が断然大きくなるのです。
また、常に前向きな姿勢を持つことで、すべてが良い方向にいく、と自己暗示をかけることもできるでしょう。
ひとりの時間は、外見も内面も磨ける貴重な時間です。
自分磨きの時間として有意義に過ごしましょう。

③相手を束縛し過ぎない
不安な気持ちが先行すると、ついつい相手を束縛したくなることもあるかと思います。
「今何してるの?誰といるの?」と頻繁に連絡が来たら、「またか・・・」と相手は返信したくなくなる気持ちになってしまうことでしょう。
特に文章で送る時には、その書き方にも気を付けないといけません。
一方的に聞くばかりでなく、「今日はどう過ごす予定かな?私は○○してきます。」等、ゆるやかに尋ねると相手もすんなりと返してきてくれるはずです。
常にメッセージを受け取った相手がどう思うかを考え、お互いの人間関係を良好に保てるように配慮しましょう。

一緒に過ごす時間

①思い出をたくさん作る
たまにしか会えない遠くにいる恋人と一緒に過ごす時間、このまま時が止まってほしいと思うほどに幸せですよね。
そんな楽しい時間はしっかり思い出に残しておきましょう。
観光地に行ったら一緒に写真を撮る、SNSにアップする、お揃いの物を買う等、さまざまな方法があります。
記憶は悲しくも薄れていくもの、形に残しておくことで後から鮮明に思い出すことができます。
そして、その思い出は会えない時の活力になるでしょう。

②気持ちをたくさん伝える
会えない時にも電話やメールなどで気持ちを伝えることはできますが、直接会って伝えるのとは違います。
言葉だけではなく、相手の肌や体温を感じながら伝える気持ちは、相手の心にも深く届くはずです。
「普段は恥ずかしくて言えない」という方、勇気をもって全身で伝えてみてください。
相手の気持ちが十分に伝わっていれば、遠距離恋愛でも幸せな気持ちを持ち続けられますよ。

次に会えるまで

①次に会う約束をする
せっかく会えたのに、もう離れないといけないなんて・・・本当につらい時間です。
でもここでごねても、お別れの時間は来てしまいます。
寂しい気持ちは相手も同じです。
ここでは離れる寂しさを抑えつつ、次に会える時の話をしましょう。

「次に会う場所は○○にしよう」、「行きたい所はある?」などの話をしているうちに、離れるのが寂しいという気持ちと同時に次が楽しみという気持ちが出てきます。
仕事などの都合で次にいつ会えるかわからない、という方もいるでしょう。
そんな方もいつ頃、という大まかな話をしておくだけでも気持ちはかなり変わります。

②自分磨きをする
なかなか会えないことを逆手にとってしまいましょう。
久しぶりに会う恋人に、「きれいになった」なんて言われたら、本当にうれしいものです。
エステに通ったりなどの外見磨きも良いですが、内面ももちろん大切です。
新しい趣味を始めたり、資格を取得したり、ひとりの時間を充実して過ごすことで人間的にも魅力的に成長し、相手も「ずっと一緒にいたい」、「自分もがんばろう」という気持ちになるはずです。
お互いに成長できる関係、遠距離恋愛でこれを築くことができれば、別れてしまうことなんてまずないでしょう。

終わりに

ある程度の覚悟をもって始めた遠距離恋愛、思った以上につらいと思う方も多いでしょう。
簡単にできることばかりですが、寂しい気持ちが先行すると、なかなか実践することは難しいかもしれません。
離れ離れになっても気持ちを持続させるには、常に相手を思いやり、さりげなく気持ちを伝え続けることが大切です。
お互いに同じ気持ちだと感じることができれば、一緒に距離を乗り越えることができるでしょう。