願望や悩みに六星占術

六星占術は、宗教家で占い師の細木数子さんが中国古来の易学や算命学、万象学などをもとに、提唱したとされる占いです。

六星占術では、その人の生まれ持った運命を土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6つの運命星に分けて占い、それぞれの運命星を持った人を土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人と呼びます。また、ある特別な条件がそろったときに限り、霊合星人となります。

霊合星人はそれ単体で独立している運命星ではなく、例えば「土星人の霊合星人」というようにほかの6つの運命星と複合するものです。

それぞれの人の運命星は、生年月日によって算出された運命数、星数により決定されます。

運命星は、星数と名付けた生年月日の日の干支を数値(1-60)で表したものを、6つの星に割り当てている。なお星数を簡易的に出すために各年月の数値をまとめた表を運命数表といい、数値を運命数といいます。

霊合星人について

霊合星人は、生年が停止(占命盤の項を参照)に当たる人のことで、実際には土星人=天王星人・金星人=木星人・火星人=水星人が合わさることになります。

宿命星について

静雲星 (反発、孤独、感受性)、光美星 (おおらかさ)、妙雅星 (協調、和合、政治力、説得力)、白照星 (マイペース、強い意思、努力)、香創星 (知性、伝統、古典、慈愛)、火竹星 (忍耐、放浪、改革、想像と破壊、知恵)、大木星(責任感、名誉・名声)風行星 (短期、直情、闘い、行動力)、大善星 (家庭、堅実、蓄財、温厚)緑水星(善良、奉仕、義理人情、回転財)など、10年ごとに変わる宿命を指します。

占命盤について

占命盤には次の12の運気が示され、四柱推命における十二運を参考にしたと推測されています。
種子(物事を始めるのにいい時期)、緑生(全ての影響が2倍に。いいことも悪いことも)、立花(方向性が決まる重要な時期)、健弱(体調不良に注意)、達成(物事が達成される時期)、乱気(精神的ダメージを追いやすい時期)、再会(第二の出発点が決まる。リベンジをしたいならこの時期)、財成(冨が入ってくる)、安定(現状維持)、陰影
(大殺界のはじまり。新しいことは避ける。季節で言うと冬の序盤)、停止(季節でいうと冬の中頃。この年も昨年と同じく新しいことを始めるのはNG。)、減退(冬の終わり。同じく新しいことを始めるのは危険)

おわりに

なにか始めたいこと、保身をしたいときには六星占術で運気を確かめてみると良いでしょう。なお、相性占いも出来るので友達や気になる人がいるときは相性を調べることができます。